デザイナーのコピーライティング

デザイナーに求められるコピーライティング能力

一般的に広告などの文章はライターや編集者が考えることが多く、デザイナーが文章を書くことは殆どありませんが、デザインの制作過程で文章の内容を変更したり調整をすることもあります。
特にWebの場合、文章はクライアントが書くことが多く、そのままでは不十分なものも多々あり、デザイナーが調整や提案などをすることも必要です。

 

●キャッチコピー(見出し)

キャッチコピーは広告の肝。
より目を引くデザインにすることも大切ですが、文章の内容についてもより効果的になるような提案をすることも必要です。

●リードの重要性

広告の内容を見てもらうためには、短いリードの内容でどれだけ興味を引けるかがポイントになります。
クライアントに任せるだけではなく、デザイナーも参加し、できればたくさんの人に助言をもらいましょう。

●小見出しの設定

本文はダラダラと長くなり、そのままでは読み進めていく気にならないこともあります。
長い文章は小見出しを設定することで話題ごとに区切りって読みやすくしましょう。

●本文の整形

本文を読みやすくするためにはレイアウトだけではなく、「です。ます調」の修正(文章ユレ)、文章の整形(詰め処理など)を施す必要があります。

●キャプション・コラム

本文をより読みやすくするためには、写真のキャプションやコラムのデザインなどにも考慮するする必要があります。


 

Webライティング

Webの場合はデザイナーの関わり方も少し変わってきます。

●集客(SEO)のための文章

検索エンジンへの対応はデザイナーが担うことが多く、検索結果に表示される文章(ページのタイトルや説明文)は集客に直結します。

●ページの文章(一覧・商品詳細など)

Webページの文章は印刷物よりも読みづらくなりやすいので、より見やすくする調整の知識が必要になります。
特にショップサイトでは文章も売上アップにつながる要因になるので、効果的なレイアウトやライティング知識も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)