売れるサイトを目指して

近年、物を売るためのサイト(ネットショップ)が増えてきました。
それにともない、WEB制作者にも「売れる」サイトの制作が求められてきています。

たまに「売れるショップサイトを安く作ります!」というWEBデザイナーさんの広告を目にしますが、売る商品自体に魅力がないと売上は伸びません。安請合いは禁物です。
そういった案件には品質や品揃えにまで意見・提案をする必要もあります。

逆に、商品自体はとても良いものなのに、ネットでの販売方法をよく知らなかったり、売上が伸び悩んでいるサイトもあります。
そういった案件には、売るための方法を提案したり、売れない理由を調査して取り払うことが必要です。

つまり、総合的なコンサルティング業務が必要となっているのです。

これまでのサイト制作は、デザインやプログラミング知識があれば成り立っていましたが、(現在もまだ多くの制作者がそうですが)
今後は “商品を魅力的に見せる” デザインや写真をただ用意するだけではなく、

「集客方法」「売るための文書(コピーライティング)」の知識
「お客様の意見を取り入れる」方法など

もっとトータル的な「売る」ための知識をもった制作者が生き残って行くのではないかと思います。

これからクリエイターを目指すなら、まず「売れない」要素を含まない(分かりやすく魅力的な)デザインを心がけて、さらに次のステップへ進んでいきましょう。

 

コメントはお気軽にどうぞ!

ここがBEFORE

CAPTCHA


上記の内容で問題なければ、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)