効くキャッチコピーテクニック

【ライティング編】

  1. ターゲットを明確
  2. 数字を具体的に
  3.  『ドキッ』と『ハッ』・不安や恐怖心をあおる。
    ・性的表現。(やり過ぎ注意)
    ・好奇心をあおる
  4. メリットより結果
  5. 簡易性をアピール
  6. ノウハウ(方法・テクニック)を伝える

【レイアウト編】

メディア別のジャンプ率(本文とキャッチの大きさの違い)

InDesign

本や雑誌、パンフレットなどのレイアウトするなら
使えるようになっておきたいグラフィックソフト。

『Adobe InDesign』は雑誌や書籍など複数ページの印刷物を作成するためのグラフィック系ソフトです。

グラフィックデザインではAdobe Illustratorを使うことが多く、全く利用したことのないデザイナーもいると思うのですが、ページ物のデザインには重宝するソフトです。

取りあえず、短時間で基本操作だけでも学びたいなら
Adobeさんのラーニングコンテンツがオススメです。
Adobe InDesign チュートリアル

昔は『QuarkXPress』というソフトを使っていましたが、うちでは今はもうこれしか使っていません。

デザイナーのコピーライティング

デザイナーに求められるコピーライティング能力

一般的に広告などの文章はライターや編集者が考えることが多く、デザイナーが文章を書くことは殆どありませんが、デザインの制作過程で文章の内容を変更したり調整をすることもあります。
特にWebの場合、文章はクライアントが書くことが多く、そのままでは不十分なものも多々あり、デザイナーが調整や提案などをすることも必要です。

DW2015.12-お知らせ

Design Works 2015 12月期開校へご参加のみなさまへ

2015年の日程は終了しました。

2016年は1月16日からです。

2016年も宜しくお願いいたします。